44

やる気にまさるものはない

営業はものづくりの一歩目

『高校卒業後、山陰温調工業の同業となる他社を何社か経験した後、弊社へと転職しました。

入社前は老舗の設備会社というイメージがありました。
公共工事に依存せず民間からの依頼が多い堅実な会社という印象が強かったんです。

入社後、工務部とサービス部を経て、営業部へと映りました。
営業の仕事はまずお客様の依頼を受けます。
そして依頼内容に対して、提案して、見積もりをして、受注に繋げるという大事な橋渡しです。
営業をしていて一番面白いのは、ただ話を伺うだけではなく、お客様に自らアプローチをしていくことです。
弊社は自社で修理ができるサービス課があります。
地元の他業者は仮にエアコンが壊れたら修理をメーカーに出しますが、弊社は自社で直せるという強みがあります。
そこからさらにお客様の隠されたニーズに繋がることがあるんです。
真のニーズを見つけられた時の嬉しさは格別です。

営業は人間力がためされる仕事です。
今の目標は社内からもお客さんからも信頼される営業マンになることです。』 

3333

挑戦の連続

『営業という職種の定として入札があります。
他社との見積もり勝負ですので、勝つこともあれば負けることもあります。
負けた時は”もっとこういうやり方があったのでは・・・”という反省が常にあります。
しかしそれが次の挑戦につながっているし、強くなれます。

この仕事で一番大事なのは”前向きさ”であったり、”やる気”だと思います。 
スキルは後でついて来ます。
気持ちに臆せずにどんどん挑戦したらいいと思います。

山陰温調工業は飲み会や家族参加のイベント等、社内行事も多く、かなり和気あいあいとした社風です。
自分の意見が言いにくいという空気もないし、仕事のクオリティをあげようと色々な意見が飛び交います。

共に挑戦、成長していきましょう!!』

222ミーティングのワンシーン。

111